♡ 大阪城ホール

イエローモンキー

大阪城ホールを目指せ 2019・06・08

大阪城ホールを目指すとき、私は、個人的に京都より向かうため、

京阪

JR

阪急+JR

といういずれかのルートを選択している。

いずれの駅も、徒歩で大阪城ホールを目指せるため、帰りの分散はとてもありがたい。

個人的に、京阪をよく使う、京阪の特急にある、プレミアムカーが、運賃とは別に

片道500円(出町柳などから乗車した場合)

の追加で乗車できること、指定席のため快適な座席に座ったまま、体力温存でライブに挑め

る、もしくは余韻に浸れる、個人的にはオススメです。

駅の窓口、特急が止まるコンコースの券売機、WEBなど、で購入できるのでそれも

便利。

今回は、友人と向かったので、久々にJRで向かったが、大阪の環状線の本数の多さに

いつもびっくりしてしまう。

そして、大阪城公園前と、アナウンスを聞くと、否が応でも足取り軽くワクワクが

止まらない。

セットリスト ♡

大阪城ホール、いろんな思い出がある。パンドラツアーで4DAYSや、スプリングツアー

の苦しい大阪城ホール、再集結後の大阪城ホール、いろいろな景色が私の中に浮かぶ。

大阪城公園前駅で降りたら、え??いつからこんなおしゃれな空間にと思う素敵な

エリアが視界に入ってきた。

そしていつもの噴水が見えてきて、大阪城ホールの開場を待った。

大阪城ホールはトイレの数が安心する(笑)

大阪城ホールのトイレには、扉の上に、入ってます、空いてます、的なフラッグが

目印になり、トイレ難民が、苦手すぎる私としては、最高にありがたい場所である。

 

今回、初めてTEHYELLOWMONKEYを体感する友達と一緒に♡のセットリストに

望んだ。

いつもながら、毎回泣きそうになりながら、興奮しながら緊張しまくって、開演を待つ。

これに関しては、昔から何も変わらない、むしろ年々情緒不安定になっているような気がする。

83歳まで、現役だー!!

とLOVINが言った。83歳まで、私も必ず元気でいたい。そう思った。

ちょうど、私的な変化を迎えていた私にとって、LOVINから出てきた言葉、

『皆、いろいろあるよね』って、そんな人間らしい言葉をもらって、私はこのバンドを生涯

かけて追いかけて行ける幸せに感謝した。

4人が楽しそうでしょ?って、メンバーに向かって笑顔を向けるLOVINを見て、

楽しいって笑ってる

メンバーを見て、私は、このメンバーの笑顔をずっと、そう。83歳までと言わず、

ずっと現役で私たち届けてほしいと思った。

そして、生きているといろんなことがあると思うし、皆いろんなことに折り合いを

つけながら生きていると思うし、でも、その中で彼らから

もらえるパワーは本当に私にとって、かけがえのないもので

あることに間違いはない。

そして、初めて、THEYELLOWMONKEYを体感して友達より、最高の褒め言葉をもらった。

財布の紐がゆるむ、と。すごい、これどんな感情?と。

初体感した羨ましさと、嬉しさと、色々な気持ちが入り混じって、私はすごく嬉しかった。

やっぱり最高なバンドです。

このハートが私の心をぎゅと、掴んで私は日曜で動ける広島の追加を虎視眈々と狙っていた。

広島、神戸、、、私は、頭の中でいけるかな?より、行かなくては。。になっていた。

追記

コロナにより、当たり前の生活が当たり前でなくなり、大好きなライブの記憶をもう一度

ブログを書こうと思いました。またこんな素晴らしい日々は戻る日まで頑張ります。

2021・5月