*

Subjective Late Showツアー in 倉敷

      2017/01/06

スポンサーリンク

Subjective Late Showツアー

夏にツアーが発表になり、ホールツアー!よっしゃ!京都ある!!

京都会館…1998年パンチドランカーツアー

私がもう一度行きたい場所…なのに、なのに、当たらない…一次も二次も一般も全然当たらない…T^T

そして、名前もロームシアター京都だしと友達にも突っ込まれ…トレードも落選…結局なーにも当たらなかった^_^;

でも!!妹の同行者として申込していた、倉敷市民会館のファイナルへ妹のお陰で、行けることになった

イエローモンキーの事だと必死になってしまい、どうもその必死さが、から回ってるのか(笑)でも、その分周りの人たちに助けてもらえて、本当に感謝している

 

倉敷市民会館へ

妹と、新幹線でまず岡山→そこから在来線で倉敷→そこから徒歩かバスで、倉敷市民会館!

徒歩かぁ、帰りは絶対徒歩だし、行きはバスでと思ったが、あと30分後にしかないと。。ど、どうしよ、早く行きたい気持ちはある、でも、徒歩で行くと体力がと、昔若かった私たちは、バスを待った(笑)

市民会館前で降りて、会場前はすごい行列になっていた

一応、先行販売の時間に列の長さ的に間に合わないだろうけど、そのまま入場列そのまま販売になるとお兄さんたちが、拡声器で話していので、そのまま並んでいた

 

開場して、電子チケットにハンコしてもらって入場。

とても便利だし、メモリアルコレクションもあるし、すごい機能だなぁと感動。

ただ、昭和な私は、やっぱり電子チケットは緊張する^_^;

遠征すると、やはり充電がキツイ。バッテリーを持ち歩いていても、やっぱりなんか怖い^_^;

そして、そんな日に限って、画面が黒くフリーズしたりしてこっちも固まった(; ̄O ̄)

 

懐かしいホールの空気感

入ってみると、あ、これ!この感じ!!と。ホールの感じに震える。

SUPER JAPAN TOURは、大きい会場の良さがあった、でも、ホールツアーはこのギュとなった感じがたまらない

ステージを見ただけで、なんか涙出てくるんですけど、となって、パンチドランカーツアー以来のホール…当時を思い出した

 

あの頃、必死にイエローモンキーを追いかけていた、追いかけても追いかけても彼らは全力でツアーを駆け抜けて行った気がしていた。

いよいよ始まった!1曲目は、Subjective Late Showだった。私はこの空間がいつまでも終わってほしくないと思った

本当に聞きたかった、懐かしい曲に心が震える

 

パンチドランカーに泣く

懐かしい曲、本当に久々に聞いた曲が続く。

そしてキタ、パンチドランカーだT^T

私にとって、パンチドランカーは本当に涙なしでは見れなかった

あの当時と同じライトの当たり方、あの当時に見たロックスター達がそこにいた

この日聞いたパンチドランカーは、私の心を揺さぶった

そして、メンバーのサービス精神旺盛な事。メンバー紹介でも、厨二病炸裂(笑)ちょっと書けないけど、厨二(笑)

 

でも、そんな中でも、LOVINがメンバーへの感謝を伝え、ありがとうと頭を下げ、本当にこのバンドを愛しているんだなって、私は、バンドを愛するイエローモンキーが大好きだから、イエローモンキーをずっと見ていたいんだと思う。

 

今年の汚れは今年のうちに

皆、終電大丈夫??とLOVIN、まさか、おそそブキウギ??いやー!!!うそー!!マジでーー!私、メカラウロコで聞いて以来のメンバーのブギウギだと思うんですけど♪( ´▽`)

サワデーブキウギのエマちゃん、エマちゃんが歌う

私たちは、終電はあった。が、そんな事は終わってから考えればいいと、こんな幸せな空間を逃してなるものかと思った(笑)

 

大好きな夢中だった時代へ

会場は、本当に私がリアルタイムでパンチドランカーを見ていた時にタイムスリップしたような感覚になって終わった

やっぱりこの人たちは、すごい…

いろんなものを超えてきてる

人間力、バンド力、すごい…

 

18年前…パンチドランカーツアーをずっと追いかけていた、夢中だった、私も113本と頭ではわかっていた、でも、イエローモンキーの贅沢なほど長いツアーでは、あれも行こう、これも行こう、これも行かなきゃあれも行かなきゃって、いつの日か私の中ですら、絶対行きたい!一目会いたい!から、これもこれも行かなきゃになっていってたのも事実だったかもしれない。

 

今思えば、メンバーもスタッフも本当に大変だった思う。

私も、なんかおかしくなっていたのかもしれない。

アリーナツアーになってからも、大阪4DAYSに行ったりしてたけど、2日連続1日中休みでまた2日連続、今思えば色んな意味ですごい事かもしれない。

でも、このツアーを経験したからこそ、イエローモンキーからもらったパワーを胸に待てたのも事実かもしれない。

 

このツアーは…

岡山は、倉敷ではなかったけど、

パンチドランカーツアーは失敗だった

とLOVINが言った場所だった。

私にとっても、その言葉は重く辛いものだった…その言葉を映画の中で、LOVINの口から聞いた時に、心が痛んだ

 

パンドラの映画で見たメンバーの姿を改めて、見たとき、悲しかった、辛かった、そんなにくるしかったんだね…ごめんね。って…

 

最高なセットリスト

でも、ホールにも帰ってきたイエローモンキーは、楽しそうで嬉しそうな笑顔だった

本当にありがとう、2016年幸せな笑顔をまた私たちに見せてくれて、私はずっとずっとイエローモンキーが笑顔でいてくれる事、それが一番嬉しい。

 

そして、多分、色んな思いもあったホールツアーにも向き合ってくれて本当にありがとう!

倉敷から、10日後にメカラウロコ27がある!メカラウロコは、いろんな人が、いろんな思いを持っている日。

 

その興奮を胸に秘めつつ、倉敷ツアーファイナルはそれとはまた違う意味での私の中で、私の心の中にある何かとも向き合うホールツアーだった、最高だった!ありがとう

 

セットリスト

Subjective Late Show

ALRIGHT

ROCK STAR

 I Love You Baby

VERMILION HANDS

聖なる海とサンシャイン

Four Seasons

SHOCK HEART

審美眼ブギ

Foxy Blue Love

SLEEPLESS IMAGINATION

パンチドランカー

赤裸々GO!GO!GO!

太陽が燃えている

SUCK OF LIFE

Father

砂の塔

JAM

バラ色の日々

悲しきASIAN BOY

(おそそブギウギ)

アバンギャルドで行こうよ

 - イエローモンキー ,

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE