*

SO YOUNG

   

スポンサーリンク

私が大好きな曲

ファンの皆さんにそれぞれ思いがあると思うので、これは私の思いとして読んで下さったらと思います。

SO YOUNGを初めて聴いたのはメカラウロコ9の時だった。

武道館で聴いた時、へぇーこんな感じの曲なんやって、メカラウロコの最後に新曲を歌ってくれたことに感動した記憶がある。

 

その時はメカラウロコを体感したことで全てが私にとって素晴らしい曲、空間、時間だった。

パンチドランカーツアーの終わりが見え始めた頃、すごく私の中で変化していった曲になった。

なんだろ、なんでこんなに切ないんだろうと…

 

詩集

1999年4月にSO YOUNGの詩集が発売された。

SO YOUNGまでの歌詞やLOVINの思いが綴られていた。

 

もう一度

その後、休止、解散となる中で、私にとってSO YOUNGがすごく思い入れの深い曲になっていった…

2009年、テレビでイエローモンキーの特集をするとの事で、BSフジを予約した。

メカラウロコ20…

 

私は久々に見たイエローモンキーに衝撃を受けた、辛くてしまい込んでたけど、やっぱり私はイエローモンキーが大好きだと。

その時、一度だけでいい、イエローモンキーに会いたいと…

 

その映像の中で、パンチドランカー横浜アリーナファイナルでのLOVINが、パンチドランカーツアーの事を振り返り、会場の皆さんにありがとうございました!って、そしてメンバーのみなさんありがとうございました!って、メンバーの優しい微笑みのもと、113本のツアーのスケジュールが流れた時、私は崩れ落ちた…

 

私にとってどれだけイエローモンキーが大切だったのか、人生の中でここまで夢中になれたものがあっただろうか、当時、必死に行けるだけ追いかけたパンチドランカーツアー…

私にとってもいろんな事に悩み苦しんでいた年頃だった、いろんな事を思い出した。。

その映像からは、SO YOUNGが鳴っていた。

 

もう一度、もう一度だけでいい、私をイエローモンキーに会わせてくださいと。。思いが溢れてしまった。

でも、それは贅沢すぎる思いだと、そっと胸にしまった。

 

 

新録

そこから、年月は経ち。。

奇跡は起きた、2016年私はSO YOUNGの歌詞のように、信じたものは幻じゃないと、イエローモンキーに再び会えた。

今、新録で聴くSO YOUNGはいろんな事を超えてきたメンバーと私たちをつなぐ素敵な曲になっていた。

自分の人生にとって、イエローモンキーがいてくれた事、こんな幸せな事はないと、大人になった私は感謝しかない。

 

 - イエローモンキー ,

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE